40代での転職を続けている理由

転職を繰り返して40代まで来てしまいました。

定職に就くのが面倒というか飽きてしまう性格のようです。若いころであれば転職もスムーズにできますし、周りの目もそれほど気になりませんが、年齢と共にまた転職しているのか?と思われたり徐々に年齢制限に引っ掛かるようになって働き口が少なくなってきてしまいます。それでも現代は転職する人が多いので多くの企業でも突然空きが出たりします。

長く働くメリットもあれば転職するメリットもそれぞれですが、昇給やボーナスがない企業が増えているため本当にやりたい仕事でなければお金を貰うために働いている事になります。慣れて来ると年齢的なこともあり色々な役職に回される事もあります。実はそれが嫌で出世などはしなくても良いので、働きやすいポジションにおいてもらえるのが一番です。良い企業だと気を使ってくれるため平社員から格上げしようとしてくれます。

本来は嬉しいのですが私の場合は、違う仕事を探してしまう癖があります。新しい仕事は覚えがいもあって楽しいのも現実です。これまで知らなかった世界を体感できるのは魅力的ですし刺激が凄いあります。転職する事が悪いとは思いませんし、本当に自分が一生働き続けられる職場に出会うことは簡単ではありません。若いころこそ転職は大いにやって自分のやりたいと思える仕事を見つけることは良い事ですね。会社の文句やグチばかり言いながら長く働いていても面白くありませんし、会社にとっても良くありません。だから40代になっても転職を続けている人も居る訳です。